男受けの悪い女性の特徴とは?

男性と女性はやはり違います。
感じているものなども違うと思います。
女性がかわいいと思っていても、男性はそうでもないということは少なくありません。
女性の評判は良くても、男ウケが悪い女性もいます。

まずファッションが派手な女性です。
アクセサリーをジャラジャラつけていたり、メイクが濃かったり、ネイルがド派手であったりすると男性ウケが下がります。
気合の入れすぎた服装もあまり好まれません。
本当におしゃれでモデルのような女性以外がこれをしてしまうと男性ウケは悪くなります。
何事もバランスが大事ですが、ファッションも当然大事になるので気をつけましょう。

さらに恋愛話が大好きな女性です。
知り合ってまもない女性に、「彼女は?」「好きな人は?」と聞かれると引く男性は多いです。
距離がある程度縮まってからじゃないと男性は恋愛の話をしたいとは思いません。
会ってまもない男性に対しては聞きたくても恋愛の話はしないようにしましょう。

さらに、どんな話も自分が中心の女性です。
何かと自分に置き換えて話す女性がいますが「私だったら」「私は」というのはウザイと思われてしまいます。
特に男性は女性の長話が嫌いです。
さらに自分が自分がという話し方をされては離したくないと思ってしまいます。
まずは聞き役にも徹するようにするというのが大事です。

男性も女性もいろいろなタイプの人がいます。
外見が好みであっても、話した内容によっては「ナシ」とされてしまいます。
せっかくの出会いをナイモノにしてしまったてもったいないです。
まずはていの状況や環境をしっかりと見極めるようにしましょう。
その上で会話を楽しむようにするのが大事です。

また奇抜なファッションで注目を集めたいかもしれませんが、逆効果になってしまうこともあります。
過激すぎることのないように気をつけてください。

女性の気になる言葉遣い

男性は女性に清楚さを求めている部分もあります。
そこで気になるのが女性の言葉遣いです。
言葉遣いが悪い女というのはどういった印象の女性なのでしょうか。

まず、「あんた」「てめぇ」という言葉です。
同じ女性からしてみても、下品な言葉遣いに聞こえます。
言葉遣いが悪いだけでなく、育ってきた環境も疑われてしまいます。
周りにいる友達もそうですが、家族ですら性格を疑ってしまうかもしれません。
男性も、よほどのことがない限りは言わないと思います。

また意外と使っているのが「やばい」「やべぇ」という言葉です。
やばい・・・普通じゃない?と思う人もいると思います。
普段女性同士の会話でも出てくると思いますが、ついつい男性の前でも使ってしまう言葉です。
これくらいは普通という男性もいるので、気にならない人もいるのですが、あまりにも頻繁に使うのはどうなのか・・・ということです。

そして、これも使っている人が多いのですが「まじ」という言葉です。
「マジで?」よく聞く言葉ですが、本来の意味は本当という言葉です。
男性の前では出来るだけ「本当に?」と言ったほうが良い傾向があります。

そして「ウザイ」という言葉です。
うざいとはついつい言ってしまいがちですが、できれば言わない方が無難です。
案外男性も女性の口から聞きたくないと思っている言葉です。
人の悪いことしか言わないような印象を受けてしまいます。

そして、美味しいものを食べた時に「うまい」と表現する女性です。
できる限り「美味しい」というようにしたほうが男性の印象が良いので気をつけましょう。

否定する場合の「違う」を「ちげーし」という女性です。
否定するときに使うと思いますし、若い子は特に使用頻度が多い言葉です。
違和感はないのかもしれませんが、聞こえ方は悪いので気をつけましょう。

普段何気なく使っているので大して気にならないと思うかもしれません。
しかし、男性からしていれば口が悪い印象になってしまいますし、育ってきた環境が悪いと感じてしまいます。
友達付き合いに関しても良くないのでは・・・と思われてしまいます。
言葉遣い一つで女性の印象はかなり変わってしまうので、下品にならないように常に気をつけるようにしないといけません。
言葉遣いは可愛らしく、そして女性らしくするようにしてください。